アデランスMBO

日々のおはなし

一度は投資ファンドによる再建を拒んだアデランスが、今度は自ら救済を求めた。10月14日、かつら大手のアデランスは、MBO(経営陣が参加する買収)を実施すると発表した。9月末に航空会社スカイマークなどの再建で知られる投資会社のインテグラルが100%出資する子会社を設立、同社を通じてアデランス株のTOB(公開買い付け)を実施する予定だ。

買い付け期間は10月17日?11月29日と発表された。取得価格は一株あたり620円と、14日終値(480円)より29%高い価格で買い付ける。少なくとも過半以上取得してからTOBが成立した後は、アデランス創業者の根本信夫会長兼社長と津村佳宏副社長が同社に50.1%出資する格好で、MBOを実施する。MBO後も引き続き、根本社長らは経営陣に留任。インテグラル側からも役員を就任させる考えだが、具体的な人数や時期、候補者については未定となっている。

一時は高い利益率と成長を誇ったアデランスがMBOを実施します。

外資の影響から経営方針が二転三転しましたが、業績は上向かず、厳しい決断となりました。

背景には、かつらをめぐる市場と、競合者の変化があります。市場が縮小する中で、低価格を打ち出すライバルに勝てなかった、というのが直接的な理由です。つまり、巨額の宣伝費を使って新規顧客を捕まえ、いったん得た客からは長期に渡って高い商品とサービスの対価を受け取る、というビジネスモデルが立ち行かなくなってきたのです。

今後、経営方針の変更がどのような業績につながるか、注視しましょう。