小児がん患者にかつらを 新潟市中央区で募金活動

日々のおはなし

抗がん剤治療などで頭髪を失ったがんの子供にかつらを贈ろうと、理容師らでつくる県理容生活衛生同業組合は12日、新潟市中央区の古町十字路で募金活動を行った。9月の第2月曜日は「理容ボランティアの日」で、全国各地でそれぞれ行われる取り組みの一環である。本県での募金活動は今年で7年目。昨年までに寄せられた36万5602円で中高生の女子4人にかつらをプレゼントした。12日は組合の青年部9人が「がんと闘う子供たちのために協力を」と声を張り上げた。

医療用かつらはお金がかかります。大人でも苦労するわけですが、ましてや子供だとなおさら。

多感な時期、御見舞にくる友人に対しての想いもありますし、かつらが手に入るよう支援が欠かせません。

今回は4人で36万円とのことで、相場より安く、きっとカツラショップも支援してくれたのでしょう。

かつら、補整具の補助枠増 がん闘病へ74人分

日々のおはなし

抗がん剤の副作用や乳がん手術で、かつらや胸部の補整具(下着など)が必要になった人への購入費助成の申請が増加している。これを考慮し、県は予算枠を増額することを決めた。病と闘う人が抱く見た目への不安を和らげようと、県は今年4月から購入費用の半額(上限2万円)を補助する制度を創設し、当初予算で90人分の予算を設けたという。
医療用かつらは費用がかかるにもかかわらず、保険がきかない場合が多々あります。入院による出費が重なる時期に、さらに何十万円もするカツラとなると、やりくりに苦労することは必至です。

こうしたタイミングで、補助があると何かと救われます。とはいえ、上限2万円とはあまりに少ない…。もともとカツラをメインターゲットにしていない補助なのでしょう。予算との兼ね合いでなかなか難しい問題です。

医療用ウィッグ(かつら)が進化

がん治療をしながら働く人の増加を受け、抗がん剤の副作用などで髪を失った場合に着用する医療用ウィッグ(かつら)が進化している。乳がんの闘病生活をブログでつづるフリーアナウンサー、小林麻央さんも着用して注目が集まる中、製品の高品質化のほか、購入費を保険会社が補償したり、自治体が補助したりする制度で、外見の変化という悩みの軽減をサポートする。

医療用かつらは、困難な状況下にある方々の悩みをすこしでも消すために重要なアイテムです。一方で、医療用かつらが必要な局面ではお客さまは自由に店舗を訪れることができない状態であることもしばしばで、病院内でのケアが必要となります。こうしたケアに対応することは経営的に大きな負担となり、そこまですることが難しいお店も多くあります。

医療用といっても一般的な全頭かつらと同じで、特別な仕様になっているわけではありません。(ただし、洗髪が自由にできないことから抗菌機能を付加している場合もあります) サポート体制の違いが主な相違点です。