植毛

自毛植毛とは、自分の別の場所にある髪をとってきて、薄毛になっている部分に植える方法です。

他の薄毛対策とくらべて、次のメリットがあります。

生着率が高い
自毛植毛に使用する毛髪は、生える力がある、つまり男性型脱毛が起きにくい側頭部や後頭部の毛髪です。
移植した毛髪は一旦抜け落ちますが、数ヶ月で発毛が始まります。
毛乳頭が移植した部分の頭皮の毛細血管や神経と結合することで生え揃います。
毛乳頭とは毛髪の成長に必要な栄養を取り入れる組織のことです。

再び生える現象を生着と言い、現在の生着率(定着率)は高いと言われています。
何しろ、自分の毛。拒絶反応(身体が異物とみなして抜けてしまうこと)が起きないから実現できるのです
この高い生着率は自毛植毛ならではのメリットです。

さらに、移植される毛髪は、もともと脱毛しにくい部位であり、男性型脱毛症の影響を受けにくい毛髪なので、生着すれば自分の髪として生涯生え続けます。

自然な仕上がり
自分自身の毛髪なので、髪の色や髪質が周りになじみやすいのも特徴です。
驚くべきことに、年齢を重ねると白髪にもなってきて、まったく自毛と変わりません。
また株分けした毛髪を移植する場所によって使い分けることで、より自然な効果を作り出せます。

本数の多い株はボリュームは出せるが自然さが欠ける、1本の株では自然だがボリュームを出しにくい、などの効果のため、併用されることもあります。

男性ホルモンの影響を受けにくい
前頭部や頭頂部の薄毛の原因の1つに男性ホルモンが挙げられます。

テストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変異します。 このジヒドロテストステロンが毛乳頭の男性ホルモン受容体と結合することで髪が育たず脱毛してしまうのです。
実は自毛植毛に使われる側頭部や後頭部の毛乳頭には、男性ホルモン受容体がほとんど有りません。

そのため移植後も男性ホルモンの影響で抜けることなく育つのです。

かつては人工毛を植える手法が一般的でしたが、今ではあまり使われません。
ばれない、という点ではよいものの、人体へのマッチという点で大きな課題があるからです。