AGA

男性特有の脱毛症(ハゲ)のことをAGAと言う。andorogenetic alopeciaが元の単語。
主に30歳以降の男性に多くみられるが、20代前半でも発生することがあり、若年性脱毛症と呼ばれる。
男性5-6人に1人は男性型脱毛症と言われており、日本では1200万人前後と推定されている。
ヘアサイクル(周毛期)の成長期が短くなることで発症し、主に前頭部と頭頂部の髪が薄くなるという特徴がある。
男性ホルモンとその受容体が大きく関わっていると考えられているが、正確なところはまだ解明されていない。
近年、盛んに研究が進められているものの、全容解明には至っていない。

男性型脱毛症は、いったん発症すると一定の範囲までどんどん拡大していく。
一定の範囲とは、前頭部および頭頂部に限られ、横は後ろの髪は元気なことが多い。
前頭部あるいは頭頂部のどちらか一方だけ進行する場合と、同時に進む場合がある。
これにより様々なパターンが分類されている。

部分カツラの利用の多くは男性型脱毛症である。
横と後ろは髪が残るため、自毛にピン(金具)で留めるカツラも利用できる。

急速に進むことがある円形脱毛症と違い、進行は比較的ゆっくりである。
このため、なかなか気づきにくく、床屋から「頭頂部が少し弱っていますね」などと言われて始めて気づくこともある。

近年では、カツラ以外の対処法として、治療薬も発売されている。
ただし、男性型脱毛症は病気ではないため、薬は根本的な治療ではない。
飲んでいる間、脱毛を進行させる体内システムの働きを阻害するだけである。従って、飲むのをやめれば、再び進行する。
このため、薬を開始するときは、いつまで続けるのか、例えば結婚するまでとか、40歳までとか、何らかの形で決めておいたほうがよい。

男性型脱毛症の治療を行うときは、発毛を謳ったいわゆる発毛サロンや、カツラサロンではなく、病院に行くことをお勧めする。サロンは常に継続することを強くすすめるため、撤退の時期を誤り、支払いが雪だるま式にふくらんでいく。