頭髪再生医療の臨床試験開始

日々のおはなし

東京医科大学 東邦大学医療センター 大橋病院 株式会社資生堂の連名のプレスリリースより

東京医科大学の坪井良治主任教授を中心とする研究チームは、東邦大学医療センター 大橋病院(責任医師:新山史朗准教授)および株式会社資生堂再生医療開発室(細胞培養加工等担当)との共同で、脱毛症や薄毛に悩む方々を対象に、医師主導の臨床研究を行うと発表した。本臨床研究では、再生医療のうち、自家毛髪培養細胞を用いた細胞治療法の有効性および安全性の検証を行うとされている。これまでの治療法では対応が難しかった方々も含めた QOL(クオリティー・オブ・ライフ:生活の質)向上に期待が寄せられており、今後が期待される。

脱毛症対策の臨床研究が始まります。

この類の話は定期的に出ては消え、出ては消えしていますが、今回は資生堂が参加しているだけに期待が持てます。いつの日か、画期的な新薬につながるかも。期待しましょう。