医療用ウィッグ(かつら)が進化

がん治療をしながら働く人の増加を受け、抗がん剤の副作用などで髪を失った場合に着用する医療用ウィッグ(かつら)が進化している。乳がんの闘病生活をブログでつづるフリーアナウンサー、小林麻央さんも着用して注目が集まる中、製品の高品質化のほか、購入費を保険会社が補償したり、自治体が補助したりする制度で、外見の変化という悩みの軽減をサポートする。

医療用かつらは、困難な状況下にある方々の悩みをすこしでも消すために重要なアイテムです。一方で、医療用かつらが必要な局面ではお客さまは自由に店舗を訪れることができない状態であることもしばしばで、病院内でのケアが必要となります。こうしたケアに対応することは経営的に大きな負担となり、そこまですることが難しいお店も多くあります。

医療用といっても一般的な全頭かつらと同じで、特別な仕様になっているわけではありません。(ただし、洗髪が自由にできないことから抗菌機能を付加している場合もあります) サポート体制の違いが主な相違点です。