円形脱毛症とは

円形脱毛症には次の特徴がある。
自覚症状がなく、ある日突然、頭に円形で境目がはっきりしたハゲができる。
円形の脱毛がひとつだけできるものから(世間一般にはこのイメージだ)、複数同時にできるもの、頭髪全体が抜けるもの、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、ひどい場合は全身の毛が抜ける場合すらある。脱毛部分周囲の毛を引っ張ってみて、毛が抜けるのであれば円形脱毛症が進行していることを意味する。進行が止まれば、多くの場合は数カ月後に軟らかい毛がはえてきて、更にその後、硬い毛が生えてくる。
その意味では、進行を止めることが精一杯の男性型脱毛症と異なり、条件が整えば完全に治るといえよう。

円形脱毛症は、部分的に急にまとめて抜けしまうという特徴がある。このため、目立ちやすいという弊害がある。
髪の毛が正常に成長していたのにもかかわらず、急に抜けてしまうという点で男性型脱毛症など他の脱毛症と区別できる。
原因として、アレルギーによるもの、ストレスによるものなど諸説あるが、実際にはよくわからないことも多い。

小さな円形脱毛症に対しては、縁なしのカツラを切り取って用いるケースが多い。
この方法だと、1つのカツラから多数切り出すことができるので経済的である。
髪色さえ合えば、既製品カツラもよく用いられる。
多数の円形脱毛症に対しては、全頭かつらが用いられる場合もある。この場合は常用ではなく、外出専用とするケースも多い。