ヘアドネーション

ヘアドネーションをご存知でしょうか。
かつら用の素材として、自分の髪を切って寄付することです。

http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_11/_34595.html

幼稚園児が髪の毛寄付 小児用医療かつらに
2018年9月23日

初めての社会貢献活動はヘアドネーション(髪の寄付)-。小児用の医療かつらを作ってもらおうと、三股町樺山の那須夏帆ちゃん(6)=みやこのじょう児童学園・年長組=は、2年半伸ばした自分の髪の毛を切って寄付した。長く伸ばすまでの間は不便なことも多かったが「かつらを着けて元気になってほしい」と頑張った。

ある程度の長さが必要なので(髪を2つ折にしてかつらにするので、素材はかつら完成品の2倍の長さが必要になります。最低でも30cm程度が必要です。)
男性では事実上難しく、女性だけが対象となります。
また、髪を染めていたり、パーマをかけているとアウトなので、成人女性では対象者は限られます。現実には高校や中学卒業時に、というケースが多いようです。
髪が30cm必要ということは、何年か前から準備をしておく必要があります。
もちろん、切ったあとはショートヘアーになるので、覚悟も必要です。
カットにも技術が必要なので、ヘアドネーションに賛同する美容院を訪問して切ってもらうことになります。賛同する美容院はネットで検索すれば容易に見つかります。