毛染め剤

毛を染めるために使用する薬剤。
カツラに天然毛髪(人毛)を使用している場合、ドラッグストアで売られているような市販の毛染め剤を使う。

カツラ専用の毛染め剤もあるが一般では入手困難である。貼るタイプのカツラは何年も使用するわけではないので、薬局で売っている市販品で十分だ。

ほとんどの製品は二液タイプで、使用する直前に混合する。染料で染めるのではなく、髪と反応して色を出す。
一液タイプは短期間のみ染めるタイプが多いので、かつらには適さない。

特殊な毛染め剤として、
ヘナと呼ばれる天然由来の毛染め剤もある。
これは毛染め剤として働くが、同時に髪を修復する働きが強いため、劣化したカツラの髪に効果がある。
購入の際は、100%ヘナが望ましい。ただし、ちょっと扱いは面倒だ。

毛染め剤を使用する場合、濃い方向へ染めることはできるが、明るい方向に染めることはできないという点、注意が必要だ。
脱色剤を使ってもうまく色を抜くことはできないので、明るい方法へは修正できない。
また、元の髪の持っている性質によって、まれにムラができることがある。
染めにチャレンジする時は、予備品のカツラを用意して、万が一失敗しても対応できる状況にしておく必要がある。