ヘアドネーションの続き

ヘアドネーションとは、自らの髪を伸ばし、ある程度の長さになったら切ってもらって髪素材として寄付することでした。医療用かつらとして、病気で困っている人を助けようというボランティアです。日本中に賛同する美容院があり、連絡すれば適切なカット方法で切ってもらえます。

さて、では、ボランティアではなく、営利目的で髪を売ることはできるのでしょうか。

結論から言えば、NOです。日本では髪を集めて工場に納める流通システムはありません。頻度の少ないことのために、流通システムを維持することはできないのです。このため、髪を切るついでに小遣い稼ぎ、ということはできません。

髪は主に途上国で若い女性から買い取られます。価格の点もさることながら、先進国は髪にいろいろや薬品を使ったり、表面のキューティクルを傷めるような習慣が多いので、かつら素材に向かないのです。途上国でも都会ではなく、辺境の貧しい村が買い取りのターゲットになっています。

 

ヘアドネーション

ヘアドネーションをご存知でしょうか。
かつら用の素材として、自分の髪を切って寄付することです。

http://www.the-miyanichi.co.jp/chiiki/category_11/_34595.html

幼稚園児が髪の毛寄付 小児用医療かつらに
2018年9月23日

初めての社会貢献活動はヘアドネーション(髪の寄付)-。小児用の医療かつらを作ってもらおうと、三股町樺山の那須夏帆ちゃん(6)=みやこのじょう児童学園・年長組=は、2年半伸ばした自分の髪の毛を切って寄付した。長く伸ばすまでの間は不便なことも多かったが「かつらを着けて元気になってほしい」と頑張った。

ある程度の長さが必要なので(髪を2つ折にしてかつらにするので、素材はかつら完成品の2倍の長さが必要になります。最低でも30cm程度が必要です。)
男性では事実上難しく、女性だけが対象となります。
また、髪を染めていたり、パーマをかけているとアウトなので、成人女性では対象者は限られます。現実には高校や中学卒業時に、というケースが多いようです。
髪が30cm必要ということは、何年か前から準備をしておく必要があります。
もちろん、切ったあとはショートヘアーになるので、覚悟も必要です。
カットにも技術が必要なので、ヘアドネーションに賛同する美容院を訪問して切ってもらうことになります。賛同する美容院はネットで検索すれば容易に見つかります。

 

アデランスの通販

かつら業界のトップ、アデランス社の通販サイトの紹介です。

アデランス公式通販(http://www.aderans-shop.jp/shop/r/rrelatewi/)

シャンプーや消耗品など、さすがは国内のかつらトップ、豊富な品揃えです。

かつらのピンが1個1,296円とか、それはあまりに高いのでは、と思わないこともないですが、それはブランド代ということなのでしょう。何しろ大手ですので間違いはありません。品切れの心配もなく、手配先の1つとしてブックマークしておくと何かあったときに助かります。

さて、もう一方のかつら大手と言えばアートネイチャーですが、アートネイチャーは通販サイトを持っていないのでしょうか。実は、昔はあったんですよ。「カミプラ」という名前のかつらグッズ通販サイトです。当店が開業間もない頃、消耗品の手配先としてカミプラを紹介しておりました。そうしたら、アートネイチャー社の顧問弁護士から内容証明がきたんですよ。掲載をやめろ、と。アートネイチャー社はそんなことにも顧問弁護士名で内容証明を送ってくるのか、さすが大企業、と思いました。普通、メール1本で済みませんか。それで済まないときに弁護士の出番、と思うのですが…

とはいえ、当店のような小さな店が、業界第一のアートネイチャーから目をつけられたのがうれしくて、この内容証明は宝物として今でもとってあります。だって、内容証明郵便を受け取ったのは後にも先にもこれだけなんですよ。

アデランス社は紹介しても大丈夫かな、アートネイチャーみたいに内容証明がくるのかな、と、どきどきしながらの今回の掲載です。念の為に付記しておくと、アートネイチャー社の内容証明の文章はいたってまともでした。決して上から目線とか、恫喝とかではなく、定型文書としてスキがないというか、ごくごくノーマルな文書でした。その点は、大企業の風格があります。

 

日本人のハゲと欧米人のハゲ

欧米人はハゲはハゲなりにかっこいいと言われます。対して日本人はどうも…。
この差はなぜ生じるのか、というのが今日のニュースです。

【欧米人の特徴】
・顔の彫りの深さにより凹凸が生まれ、それらが光の加減によって陰影(メリハリ)を生み出している
・顔の「縦幅÷横幅」の比率が高い
・「頭部の奥行き÷顔の横幅」の比率が高い

一方で、

【日本人の特徴】
・凹凸が少なく、顔のパーツ自体で陰影を作るのが難しい
・顔の「縦幅÷横幅」の比率が低い
・「頭部の奥行き÷顔の横幅」の比率が低い

この差から、どうもハゲと日本人の顔は相性が悪い。

日本人という顔の平たい属からすると、髪というパーツが印象に占める割合が高く、したがって髪がないことが大きなマイナスポイントと認識されやすい、ということかと思います。なかなか難しい問題ですが、短髪の方がイメージがよいことからわかるように、無理に髪に視線を集めない方が自然に見える傾向があります。

トランプ大統領、かつらをつけた人々に選挙に参加しないよう勧告

さすがトランプ大統領。言動半端ないです。

トランプ大統領は、「かつて皆が、私の髪は本物ではない、髪が私のものではない、私がかつらをつけていると言っていた。だがもう、誰もこのようには言わない、なぜなら私が土砂降りの雨の中にいて、時速60マイルの風の中にいたからだ。もしこれが君の髪でないなら、選挙には行くな」と述べた。

もともといろいろな噂があり、トランプ氏は快く思っていないという話はありました。
でも、超大国の大統領がこんなコメントを残すとは。
本意は攻撃者への反撃ではあるのですが、かつらというキーワードにひっかけて、あまりに過激な発言となりました。中国との貿易戦争も危険領域に入りつつありますし、今後の氏の言動が懸念されます。

かつらの脱毛

カツラの毛は人毛、人工毛いずれの場合でも1本1本ベースに結んであるが、結び目が黒い点として目立たないように化学的に色を抜く処理を施す。具体的には酸化剤を用いて色素を壊す作業を行う。
酸化剤は、色を抜くだけでなく毛の組織を破壊する働きを持つため、カツラの毛の結び目は髪の強度が落ちており、使用に伴って切れることがある。もともと脱色は極めて強い化学的な処置であり、人毛の成分がノーダメージというわけにはいかないのだ。その意味では、脱毛のリスクと、脱色のメリットを秤にかけてどちらを重要視するか、ユーザが決める必要がある。一般には、かつらを利用する初期には脱色を優先し、ある程度慣れてきたら寿命を優先するために脱色はなしにするか、弱い脱色とするケースが多いようである。

強度の落ちた髪は脱毛のリスクがあるが、これが顕在化するのはブラシが強く当たる前頭部であり、かつらの寿命を規定する主要因となる。対策としては、ブラシはゆっくりと当てる、ブラッシングを必要最小限に留める、などがある。
また、かつら用のブラシとして、髪への負担が少ないブラシが売られているが、当店ではその効果はあまり現れず、否定的な立場である。低負荷タイプのブラシとしては、すべりをよくするタイプ(これは有用性を感じる)、マグネットをつけたタイプ、ピンを細くしたタイプ、携帯のバイブレーション機能で使われるモータを内蔵した振動タイプなどがあるようだ。

また、特に寿命を優先するカツラの場合、最初から脱色を行わないという指定を行うと、この問題は起きなくなる。
髪の根本の脱色は実際にはそれほど重要なわけではなく、できれば脱色をしない方が、かつらの寿命にとっては有利である。

髪の長さの注文方法

カツラの髪の長さは標準は10cmから15cm。この範囲であれば追加料金は発生しない。
これ以上の長髪が必要な場合は5cm刻みで指定できるが、追加料金が発生する。
男性用カツラでは、12.5cmが標準的な髪長さになる。一般的な男性ヘアスタイルならこの長さで適合する。

なお、髪長さを細かく指定してもそのままで着用はできず、カツラの髪カットは必須である。

最初は心配でつい長い髪を指定しがちだが、あまり長すぎるとカットしなくてはならない量が増えるので美容師が嫌がる。慣れてきたら適正量を探したい。
工場としても、長い髪は価格が高いので、あまり使いたくないのだ。
それに加え、長すぎる髪は、最初の装着のとき、テープに巻き込んだり、接着剤に張り付いたりと、トラブルの元になる。何事もほどほどがよい。

毛染め剤

毛を染めるために使用する薬剤。
カツラに天然毛髪(人毛)を使用している場合、ドラッグストアで売られているような市販の毛染め剤を使う。

カツラ専用の毛染め剤もあるが一般では入手困難である。貼るタイプのカツラは何年も使用するわけではないので、薬局で売っている市販品で十分だ。

ほとんどの製品は二液タイプで、使用する直前に混合する。染料で染めるのではなく、髪と反応して色を出す。
一液タイプは短期間のみ染めるタイプが多いので、かつらには適さない。

特殊な毛染め剤として、
ヘナと呼ばれる天然由来の毛染め剤もある。
これは毛染め剤として働くが、同時に髪を修復する働きが強いため、劣化したカツラの髪に効果がある。
購入の際は、100%ヘナが望ましい。ただし、ちょっと扱いは面倒だ。

毛染め剤を使用する場合、濃い方向へ染めることはできるが、明るい方向に染めることはできないという点、注意が必要だ。
脱色剤を使ってもうまく色を抜くことはできないので、明るい方法へは修正できない。
また、元の髪の持っている性質によって、まれにムラができることがある。
染めにチャレンジする時は、予備品のカツラを用意して、万が一失敗しても対応できる状況にしておく必要がある。

生え際の密度

一般に、髪はフロント生え際では髪量が少なく、後頭部に行くに従って髪が増えている。
そこで、この髪分布を再現することで、よりカツラを自然に見せることができる。

特に理由がない限り、生え際の髪を減らす「自然な生え際」を選択しておきたい。
これは生え際から数センチ程度、髪の密度を減らして製作する、という意味である。
なお、この髪を減らす量・範囲は小さく、これを選択したことでカツラ全体が薄く見えるという心配はない。

全周囲縁ありのカツラの場合、生え際を見せないことが前提であり、縁が見えないように生え際も髪量は減らさない。

フレンチレース

カツラのベース(土台)に使用されるレース素材の一種。
当店では、レースはその厚みによって、薄い方ものから順にスイスレース、フレンチレース、モノレースの3種がある。
フレンチレースは厚さの点では中間的なレース素材。自然さと使いやすさのバランスがよく、貼るカツラでは最も多く使用される。当店では8割以上がフレンチレースである。

初心者から熟練者までお勧めのレースで、フロント用から全頭カツラまでオールマイティに使用できる。
ある程度耐久性があり、使用期間の目安としてフレンチレースでは3-4ヶ月くらいになるケースが多い。ただしこれは個人差が大きく、特に扱いの丁寧さと着脱の頻度によって変わる。

フレンチレースであれば、肌に密着させれば通常は見えないレベル。もちろん、明るい照明のもとで凝視すればわかるが、通常はそのような状況になることはないだろう。
初めて貼るかつらに挑戦するときは、フレンチレースがお勧めだ。