WestIslandインタビュー

かつら専門理容店 West Islandを訪問しました

■West Islandインタビュー

かつら理容の専門店West Islandの西平様は、かつら会社でたくさんの経験を積んだ、かつらカットのエキスパート。かつらでは難しいショートカットも難なくこなします。
今回は、その秘密を解き明かすべく、お店を訪問してみました。

−まず自己紹介をお願いします
私は、少し前に、長年勤めたかつら会社を退職しました。 その後、かつらカットとメンテナンスの専門店として新たにスタートすることにしました。
店名はWest Islandです。店舗は東京都新宿区にあります。
−よい立地場所ですね。
東京の地下鉄丸ノ内線、四谷三丁目駅から徒歩3分です。 東京駅から20分ほどで着きますので、遠方からのご来店にも便利だと思います。
−すると、遠方からのお客さまは多いのですか?
先日も九州からのお客さまがいらっしゃいました。日帰りだそうです。
貼るかつら初回の装着では、髪を剃る必要がありますが、これには皆さん苦労されているようですよ。 装着をやってもらえる店はあまりありませんから。 そのために、遠くからわざわざ来て頂けます。
−確かに髪を剃って、となると、一人では不安かもしれません
でしょ。
通販かつらの値段を知ると、飛行機や新幹線を使っても十分元が取れると判りますので、遠方からもいらっしゃって頂けます。
おかげさまで、最近はお客さまもずいぶんと増え、スケジュールがタイトになってきています。
特に土日は混雑しますので、直前ではご希望に添うのは難しいかもしれません。 どうか、お早めの予約をお願いします。
−出張サービスもあるのですか?
以前は出張も、交通実費で受けておりました。 しかし、忙しくなるにつれて出張も難しくなっています。 出張1回で半日以上かかることも多いですから。
現在では、原則として出張はしておりません。申し訳ないのですが、ご来店頂いています。
−これまで一番遠くに出張したのはどこですか?
ヨーロッパです。 どうしても時間がとれないということで出張をお願いされました。
−ヨーロッパですか! 交通費だけでもすごい金額では?
そのお客さまからはマイレージを使った無料航空券を提供頂きました。
いつも海外と日本を往復しているお客さまなのです。
−かつら初装着では髪を剃ってもらえるのですよね。
はい、バリカンを使います。
初めてのお客さまは、大半の方がかつらを装着せずに持参されます。 その場合、髪を剃って、かつらレースの余白を切って、テープ等を使った装着までやらせて頂きます。
例えば、かつらが大きすぎたら、かつら周辺を切り落とすなんてこともやっています。 こうした作業が発生すると、3時間くらいかかることもあるのですよ。 その場合でも、かつらカットの基本料金1万円だけで追加料金は頂いていません。
−これまで多数のかつらを見た上で、何かアドバイスはありますか?
そうですね...かつらのフロントの形状が気になるケースが時々見受けられます。
全く禿げていない方でも、自毛のフロント生え際は左右へ向けて後退するものです。
ところが、フロントのカーブが緩過ぎる、つまり直線過ぎるカツラをよく見ます。
こうしたフロント形状のカツラは、装着した時、フロント生え際ラインが真横に近くなってしまい、ちょっと不自然です。
−日々かなり忙しいとか。
はい、うれしい悲鳴です。ありがとうございます。
多くの方にご利用頂き、特に土日は夜まで多忙です。
メールを頂いても、返事を書くのは深夜2時とかになることもしばしばです。 変な時間に返事が届いても驚かないでください(笑)
−郵送での、かつらカットもして頂けるのですか?
はい、行っています。 原則として部位ごとに長さを指定して頂き、そのとおりにカットします。 まったく同じ大きさの使用済みかつらがある場合は、参考用として一緒に送って頂くこともあります。
ただし、時々、元のかつらの髪長さが揃っていないケースがあります。 そのカット職人が未熟だったのか、何らかの意図があって わざと長さを不規則にしたのかはわかりませんが、 こうした不揃いなカットは再現が困難ですので、 一般的な長さにして仕上げます。
−なるほど。いろいろな苦労があるのですね。希望のヘアスタイルの写真なども一緒に送って良いですか?
はい、普段のかつらを装着した写真だとか、髪型のイラストがあるとベターです。 できましたら年齢も教えてください。情報が多ければより良いカットが可能です。
−今のお仕事のスタイルで、何かお困りのことはありますか?
あまりお客さまを増やすと、サービスがおろそかになってしまいますね。 馴染み客を断るわけにはいきませんから、新規の方はどこかで上限を設けないと いけないと考えていますが、つらいところです。
それから、もう一つ。
よく『どこの通販かつらが一番品質がよいか』という質問を受けます。
West Islandには、いろいろな会社のかつらが持ち込まれますので、 どこの会社がどんな品質かは全部把握しています。
しかし、申し訳ありませんが、West Islandは中立の立場を堅持したいと思っています。 特定のかつら業者を持ち上げたり、逆に、批判したりすることはできません。 ですから、どこの会社がよいかというご質問にもお答えできません。 どうか、こうした質問はご遠慮ください。すみません。
−将来、人を増やしてもっとお店を大きくすることは考えていますか?
いつかそうしたいですが、当面は考えていません。 私がすべての方を見たいと思っています。
−本日はお忙しい中、ありがとうございました。

以上、West Islandの西平様にお答え頂きました。
    「かつらの髪のカット」に戻る