ユーザーの皆様への情報ページ

激安かつら情報館  (カツラの用語集)

レミーヘア


かつらに使う毛髪の一種。 レミーヘアーとは、人の毛髪を採取した後、キューティクルをできるだけ剥がさずに元の素材を活かした髪。 明確な規格があるわけではなく、キューティクルをほとんど残したものから、かなり取ってしまうものまで、 いろいろなタイプがレミーヘアの名で流通している。 「レミーヘア」に限らず、かつらの用語については規格があるわけではなく、各社が慣用的に独自の定義で使っている場合も多く、 会社が違うと意味も異なることがあるので、注意が必要だ。

レミーヘアは自然な反面、元の髪の性質が強く現れる傾向がある。加工の度合いが少ないため、当然と言えば当然であるが、 これがメリットでもありデメリットでもある。
主に女性用かつらの素材として流通しているため太い髪は手に入りにくい。
女性用髪素材としては、レミーヘアは高級品として認知されている。 レミーヘア使用とあれば、それだけで高価値と見なされる。普及品とは別の高価格帯のかつらをラインナップするためにシンボル的に用いられることもある。

チャイニーズレミーと、インディアンレミーの二種類がある。 インディアンレミーはクセが強いため、チャイニーズレミーの方が日本人には向いているとされる。

当店では、レミーを指定されたカツラでは100%チャイニーズレミーを使っており、まだインディアンレミーを採用した実績はない。 現在、中国での髪(素材となる人毛)の価格が上がっており、本来ならインディアンレミーを使いたいところであるが、 髪の断面が強い楕円であるインドの髪では、無理に伸ばしてストレートにしても、すぐにウェーブが復活してしまう。

日本人には、髪の断面が円に近いチャイニーズレミーがよく合う。
当店では、まだインディアンレミーを採用したことはない。 はたしてインディアンレミーを指定するお客さまは将来、現れるだろうか。

一部のかつらメーカーではレミーヘアーを積極的に採用している。
レミーヘアがよいか通常の人毛(キューティクルを落として脱色し、必要な色に染めた髪素材)がよいかは 好みである。

加工の度合いによって、ほとんど人毛と変わらないものから、逆に人に生えている状態と変わらないものまで さまざまなものがあり、かつら素材としてどれがよいかは一概には言えない。 ただ、レミーヘアの方が、通常の天然毛髪より、個体差が大きい傾向にある。 毎回同じ髪質を期待するのであれば、レミーヘアより通常の天然毛髪の方が適する。
ちなみに、人工毛髪を選べば個体差はまったくなく、望みの太さ、髪色が手に入る。 その反面、自然さではとても天然毛髪やレミーヘアにかなわない。


検索システム準備中(10/26)