ユーザーの皆様への情報ページ

激安かつら情報館  (カツラの用語集)

毛染め剤


毛を染めるために使用する薬剤。
かつらに天然毛髪(人毛)を使用している場合、市販の毛染め剤を使う。
プロ用(かつら専用)の毛染め剤もあるが一般では入手困難である。貼るタイプのかつらは何年も使用するわけではないので、薬局で売っている市販品で十分だ。その際には、黒髪戻しなどの名称で売られている、茶髪を黒髪に戻す用途の毛染め剤を使用すること。 白髪染めとは違うので注意が必要だ。(もっとも、実際には白髪染めでも、かつらを染めることは可能である)

かつらは、使用に伴って色が落ちて、黒色から、赤茶色が見えるようになってくる。
かつらに使う毛髪は、いったん脱色してから、人工的に染めて所望の色にしているためだ。 このような加工をしないと、安定した色合いが出せない。 この人工的な染料は、汗、皮脂、紫外線、シャンプーなどの要因によって色が落ちてくるため、定期的に染める必要がある。 かつら会社によっては色が落ちにくい強い染料を使用しているが、そうすると髪の根本の脱色がしにくくなるため、一概に強い染料の方がよいとは言えない。
毛染め剤は、ほとんどの製品は二液タイプで、使用する直前に混合する。染料で染めるのではなく、髪と反応して色を出す。

特殊な毛染め剤として、ヘナと呼ばれる天然由来の毛染め剤もある。
これは毛染め剤として働くが、同時に髪を修復する働きが強いため、劣化したかつらの髪に効果がある。
購入の際は、100%ヘナが望ましい。ただし、ちょっと扱いは面倒だ。
また、ごく微量のヘナを含むだけでヘナ配合を謳う悪質な商品もあり、過去には不正競争防止法に抵触し摘発されたことがある。 こうした悪質なヘナ製品にだまされないためにも、ヘナに期待するのであればヘナ以外に人工染料を含まないか確認した方がよい。 ヘナの割合を明記していない製品は避けた方がよいだろう。

毛染め剤を使用する場合、濃い方向へ染めることはできるが、明るい方向に染めることはできないという点、注意が必要だ。 明るく染める、というのは、かつらの髪に使われている染料中の色素を破壊することである。 しかし、染料はできるだけ安定して色が抜けないように作ってあるため、それに反して色を抜くのは結構たいへんなのだ。

また、元の髪の持っている性質によって、まれにムラができることがある。
特に、大きく色を変えるときは注意が必要だ。一方で、使用に伴う色落ちを直すのであれば色の差はわずかなのでムラになる心配はほとんどない。

染めにチャレンジする時は、予備品のかつらを用意して、万が一失敗しても対応できる状況にしておいた方がよい。


検索システム準備中(10/26)