ユーザーの皆様への情報ページ

激安かつら情報館  (カツラの用語集)

円形脱毛症


自覚症状がなく、ある日突然、頭にコイン大の境目がはっきりしたハゲができる。
円形の脱毛がひとつだけできるものから、頭髪全体が抜けるもの、さらに眉毛、まつ毛、陰毛や体毛など、ほぼ全身の毛が抜ける場合もある。脱毛巣周囲の毛を軽く引っ張ってみて、数本の毛が抜ける間は進行中を意味する。進行が止まれば、多くの場合は数カ月後に軟らかい毛がはえてきて、その後硬い毛がよみがえる。
円形脱毛症は、体に異常が起きており、その結果、脱毛が始まる。元の原因(ストレスの場合が多い。ただしそれ以外の原因の場合もある)が取り除かれれば、治癒する。 自己免疫病の一種であり、男性型脱毛症とは原因も進行も異なる。時間はかかるかもしれないがほとんどのケースでは完全な治癒が期待できる。
ちなみに、男性型脱毛症は、進行を遅らせたり薬を使っている間は復活させることは可能であるが、治癒することは不可能である。 遺伝子レベルでそう決められてしまっている以上、どうしようもないのだ。 男性型脱毛症を完全に治そうとすれば、理屈の上では遺伝子療法しかない。(もちろん、まだ実用化されていない)

円形脱毛症は、部分的に急にまとめて抜けしまうのが特徴。髪の毛が正常に成長していたのにもかかわらず、急に抜けてしまうという点でも、男性型脱毛症など他の脱毛症と区別できる。
原因として、アレルギーによるもの、ストレスによるものが有力視されているが、よくわからないことも多い。
何しろ急にごっそり抜けることがあるので、精神的な負担は大きい。しかし早ければ数週、長い場合も数年程度で回復するケースが多い点には希望が持てる。10年単位の長きに亘るケースもあるが、かなり少数である。
円形脱毛症に対しては、縁なしのかつらを切り取って用いるケースが多い。 単発型と呼ばれる、円形脱毛症としては最もポピュラーな初期症状では、何の前触れもなく頭髪に丸い脱毛部分が出来る。大きさはさまざまだが十円玉サイズで発見されることが多い。 この症状に対しては、1つのかつらから多数切り出すことができるので経済的である。 しかし、多発型になると、維持も大変になる上、さらに別の部位に新しい禿が生じることも考えなくてはならないため手間はかなりのものとなる。 円形脱毛症の治療は対処療法であり、根治治療方法は確立されていない。 近年の研究では、遺伝的な要素が指摘されている。
髪色さえ合えば、既製品かつらもよく用いられる。
例えば、直径5センチ程度の、いわゆる十円ハゲであれば、既製品かつら(17.5cm×22.5cm)からは、軽く十個以上切り出すことができる。 この場合、既製品かつらは27,800円であるので、十個切り出した時の1個あたりの価格は2480円となる。
これは、他の円形脱毛症対策商品の値段からすれば、破格の値段である。
ちなみに、切り出したかつらは、繰り返し使うことができる。 一部の円形脱毛症用のかつらでは、使い捨てのものもあるようだが、当店の品はそうではない。 十個の切り出したかつらがあれば、少なくとも2年程度は持つ。
従来のかつら、増毛製品からは考えられない安さとなるのだ。 ただし、縁なしかつらを切り出した場合は、レースにテープを貼ることになる。 レースはテープが付きにくいため、シーラーを塗るなどの対策が必要な場合もある。 もっとも楽なのは、「全面縁」として最大サイズで注文することだ。 これだと縁ありの円形かつらをたくさん切り出せるのでメンテナンスが楽になる。


検索システム準備中(10/26)