ユーザーの皆様への情報ページ

激安かつら情報館  (カツラの用語集)

かつらのブラッシング


自毛の場合、ブラッシングは髪型を整えるだけでなく、血行を良くしたり皮脂を髪全体に行き渡らせるといった効果があります。このため、定期的なブラッシングが推奨されることもあります。

しかし、かつらの場合、髪型を整える以外の目的でブラッシングする必要はありません。
それどころか、髪に負担をかけるため、過度のブラッシングは寿命を短くする元になります。

かつらにブラシを当てるときは、とにかくゆっくり。自毛のときのようにしゃっしゃっと当てるとかつらの負担になります。
特に、髪に引っかかったときは、絶対に力任せにブラシを進めないでください。
ブラッシングをすれば、髪の弱いところから切れたり抜けたりします。 とにかく頻度を下げること、次にスピードはゆっくり。この2つが、かつらブラッシングの鉄則です。
かつらに使用する場合、あまり目の細かいブラシはよくありません。
かつら専用のブラシも発売されていますが、これは従来のヘアブラシから目を粗くしたものです。

髪の抵抗を減らすコンディショナーやヘアスプレーも市販されています。 こうした市販アイテムは人毛なら使用可能です。少しでも髪に対する負担を減らすようにしましょう。 また、マイナスイオンドライヤーをただしく使えば、髪の静電気を除去して、ブラッシングの際の抵抗を減らしてくれます。 ぜひ活用しましょう。 ただし、マイナスイオンドライヤーを購入する時は、国内一流メーカー製にしましょう。 海外品や無名メーカー品では、何がマイナスイオンかわからない粗悪なものもあります。 中にはトルマリンの粉末を筐体に練り込んだだけとか、あるシールを貼ってあるとか、科学的根拠の希薄なものも珍しくありません。

当店では、ナショナルのイオニティシリーズを推奨しています。


検索システム準備中(10/26)