接着剤とテープによるかつら装着

接着剤とテープで 〜自然さを優先した かつら装着法〜

■接着剤とテープによる かつら装着法

1.テープを貼る 右の写真のようにテープを貼ります。
(見やすくするため髪を植える前のベースで撮影しています)


ここでは、DUO-TACという短冊状のテープを4つに切って使用しています。
かつらを接着剤とテープで装着1
2.テープの下準備 剥離紙をいったん剥がし、また戻します。この際に、剥離紙の縁を少し折っておきます。

こうしておくと、かつらを頭に載せた後、剥離紙を簡単に剥がせます。
かつらを接着剤とテープで装着2
3.仮留め用テープのセット 写真のように、カツラ中央に小さく切ったテープを貼ります。 次に、このテープだけ剥離紙を剥がします。かつらの位置を決めるとき仮留めに使うもので、慣れてきたら不要です。

これで下準備が整いました。中央のテープだけ剥離紙を剥がし、周辺のテープは剥離紙を付けたまま(いったん剥がしたあと角を折って戻した状態)になっています。
かつらを接着剤とテープで装着3
4.位置決め 頭に載せて、眉毛上端(写真の矢印)から指4〜5本の位置に かつらフロントを合わせます。

フロントの前後方向の位置決めには十分慎重に行いましょう。横や後ろの位置は少々ずれてもかまわないのですが、フロント前後方向の位置ずれはアウトです。指何本分かは覚えておき、必ず、毎回同じ位置に装着してください。

かつら の位置が決まったら、位置決め用テープを上から押さえ仮留めします。かつら位置がおかしい場合は、何度でも付け直しができます。
かつらを接着剤とテープで装着4
5.後部の貼り付け 仮留めできたら、かつらの後ろ側から貼っていきましょう。

かつらの後部をめくり上げ、テープの剥離紙を剥がします。仮留めの位置を起点に、しわがよらないよう注意しながら、テープを頭皮に接着していきます。

これで後ろは完成しました。
かつらを接着剤とテープで装着5
6.接着剤塗布位置のマーキング アイライナーを使い かつら の縁位置を額にマーキングしていきます。境界より数ミリだけ下にマークするのがコツです。線を引く必要はなく、数センチ間隔で点を打っていけばOKです。
このアイライナーのマークは、装着が完了してからリムーバーまたはエタノール(消毒用アルコール)で拭き取ります。

慣れればマーキング作業は不要です。
かつらを接着剤とテープで装着6
7.フロントへの接着剤塗布 いったん かつら の前部をめくり上げます。
マークを参考に、額に接着剤を塗ります。
(写真の青色部分)

はみ出さないように慎重に塗ってください。なお、接着剤によって、すぐ貼るもの、10分程度乾かしてから貼るもの、重ね塗りするものがあります。接着剤の説明書に従います。
かつら を接着剤とテープで装着7
8.フロントの貼り付け 塗り終わったら、かつらを少しずつ押さえるように貼っていきます。この時、そっと引っ張りながら貼って行くとしわができません。
接着剤がはみ出てしまったら、すぐにリムーバーまたはエタノールを綿棒につけてふき取ります。そのままにしておくと、かつらの毛がくっついてべとべとになります。
かつら を接着剤とテープで装着8
9.フロントの修正 接着剤が行き渡らず、レースが浮いている部分があったら、ベビー用綿棒(一般的な綿棒より細い)を使って接着剤を補充します。 かつら を接着剤とテープで装着9

PDFアイコン PDF形式の「接着剤とテープを使ったかつら装着法」をダウンロード(227KB)

このページと同じ内容のPDFファイルです。印刷しておくと、洗面所で作業する際に便利です。

    「かつらカットについて」
    かつら装着法「テープのみで装着」も見る