とても自然なかつら

こんなに自然 −まるで自毛− ずれない、動かない

■バレないカツラ

貼るタイプのかつらは、肌色のレース(メッシュ状の極薄シート)に毛を結びつけた構造になっています。レースは頭皮と密着して一体となるため、引っ張っても動くことはありません。利用者にとって最大の恐怖、「ずれる」、「動く」という心配がないのです。

かつらの構造

貼るタイプのカツラは少々触られたってだいじょうぶです。従来のカツラでは絶対にできなかった、彼女とじゃれあうことだって、子供を肩車することだって平気。ずれることがないというのは、すごく安心できます。


装着時の生え際のアップです。ここに写っている髪はすべてかつらの髪で、自毛は含まれていません。
このように分け目をつけても、レースはほとんど見えません。
かつらのレース

下の写真のように指を入れて浮かせてみると、やっとレースがわかります。
(撮影のため肌とかつらの間に指を差し込んでいますが、通常の装着状態では指は入りません)
スマホでご覧でしたら、2本の指で下の写真を拡大してみてください。 かつらのレース(浮かせたところ)

このようにかつらの地肌が見えてもよいので、適切な毛の量に調整することができるのです。従来のように、不自然なまでに毛量を多くして地肌を隠す必要はありません。 上の写真は標準的な毛量ですが、これより多くも少なくも自由に指定できます。


このようにメリットの多い貼るタイプですが、従来タイプと比べて不利な点もあります。

耐久性が低い

自然さと寿命は相反する関係があります。
貼るタイプは自然さを優先しているため、寿命は標準的なフレンチレース使用で3〜4ヶ月、長寿命なモノレース使用でも4〜6ヶ月くらいと従来品より短くなります。

しかし、1つの値段はわずか2万8千円と安いため、何十万円もする従来タイプと比較すると1年あたりの費用は大幅に安くなります。


週に1度、着脱が必要

貼るタイプは、自然な外観を実現するため専用のテープ等で頭に貼り付けて使います。 普段はシャンプーも装着したまま行いますが、テープの接着力が落ちてくるため週に1回程度、頭から外して新しいテープに取り替える必要があります。

着脱は誰でもできる作業で5〜15分程度で終わります。内容は「週に1度の着脱」にまとめてあります。


髪を剃る方がよい

貼るタイプを使う場合、貼り付ける部分の髪を剃った方が頭皮と一体となるので自然というメリットを活かせます。
剃らずにピンで着けることもできます。詳しくは「剃るのはイヤだ」をご覧ください。


    「高品質なのに激安!」