かつらショップの日々のできごと

2007年の日誌

2007/02/04
かつらの髪量
かつら髪量はどうしたらよいか、というご質問を時々頂きます。
「かつらのサンプルが欲しい」というリクエストもあります。
でも、当店では、サンプル提供は行っていません。

当店がサンプルなしとしているのには訳があります。
実は、昔は、サンプルとして十センチ角ほどのレースに密度を変えて髪を植えたものを提供していました。 お客さまは、そのサンプルを見て、お望みの髪量を選ぶことができるシステムでした。 しかし、かつらが完成すると、イメージと違うというご指摘を何件も受けました。 こうしたケースを通してわかったのは、小面積の髪量サンプルを見ても、 実際の大きさとはイメージがまったく異なり、全然参考にならない、ということです。

ところで、家を建てるとき、「壁紙」を選びますよね。 どうやって選ぶか知っていますか? 工務店が、サンプルを持ってくるのです。
小さく切った壁紙が何百枚も金属リングで綴じてあったり、厚紙に貼ってファイルに綴じてあります。 施主は、そのサンプルを見ながら、リビングにはこの壁紙、 寝室はこれ、子供部屋は...と選んでいくのです。 だけど、完成してみると、不満を感じる施主も多いのだそうです。 A4サイズの壁紙をいくら見ても、部屋全体に同じ壁紙が貼ってあるのとは 印象が異って見えるからです。
一番いいのは、住宅展示場や、公開している物件で実際に貼ってある壁紙を 見ることだそうです。

かつらも、それと同じです。小さなサンプルでは違って見えます。 特にかつらの場合は、そこに植わっている髪だけでなく、 上流(つむじ側)から流れてくる髪も重なるため、なおさら髪量のイメージが 把握しにくいのです。 一般に、同じ密度で植えても小さなかつらは少なく、大きなかつらは多く見えます。

初装着の瞬間と、それから時間が経った時では、毛量に対する 考えが変わることも珍しくありません。 「もっと少ない方が適切」という方向へ変わるケースが多いようです。 つまり、初装着でぴったりの毛量だと、後になると多すぎると感じます。 ただし、これも個人差があり、全く逆、後になってもっと多い方がよい、と 感じる場合もあり、一概には言えません。

ちなみに、これは通販かつらに限った話ではなく、サロンへ行って 店員と話をして、サンプルをたくさん見せてもらってから買っても同じです。 かつらを使い始めると当初と考えが変わる、というケースは多々あります。

そんな訳でリードヘアーでは安価に作り直しができる「作り直し保証」という制度があります。 このシステムは、装着してから変更(作り直し)ができる、という点でとても便利です。 毛量に迷った時は、まずは、ご注文ページで示している平均的な値でご注文頂き、 作り直し保証をうまく利用してお望みのかつらに仕上げる、というのがもっとも現実的で近道です。

2007/02/07
よいテンプレートとは
あるかつらショップでは、テンプレートの製作をことさら強調していました。
「我々プロが作らないと上手にできません」と言うのです。それにはちょっと反論を。

テンプレートの製作は、かつらを作る一連のシーケンスの1つに過ぎません。 テンプレートは正しく作る必要がありますが、あたかもテンプレートの 出来不出来で、かつらの出来不出来が決まってしまうかのような表現は 明らかに行き過ぎで、正しくありません。

テンプレートから正しくかつらを製造する技術がもっともコアな部分であり、 その部分に言及することなく、テンプレートさえできればOKというのは ものの本筋から外れています。

例えば、スーツの仕立屋さんで「うちは採寸はしっかりやります。 採寸のプロです。すごい採寸です。」と採寸ばかり強調するお店だったら とても違和感はありませんか? 「採寸はわかったから、肝心の生地や仕立ては大丈夫なの?」 と思いませんか?
目の前にある採寸という作業に目を奪われて、本当に大切な生地や仕立ての ことに気が回らないようでは、スーツ屋さんなのかただの採寸屋さんなのかわかりません。

ちょっと脱線してしまいました。
部分かつらのテンプレートでは、頭のカーブの写し取りはそれほど難しい作業ではありません。 補強のためテープを四重に貼れば、まず問題は起きません。 (ただし、このテープを四重に貼るという作業を面倒がって手を抜くと 変形したり破れたりしてカーブが変わることがあります) 四重にすると、手に持っても自重で曲がったりせず、元の形を保つほど 頑丈になります。へなっとしおれたように曲がるようだと、テープ不足かもしれません。もう一度頭に載せて、テープを重ね貼りすれば問題ありません。

これまで多数のお客さまが自作されてきましたが、テンプレートで頭の カーブが間違って写し取られた、というケースはあまりありません。 もしカーブが違っても、頭に乗せて確認すればすぐわかるし、修正も簡単です。 どうか安心してテンプレート作成にチャレンジして見てください。

ところで、テンプレートは、中小では食品用ラップを使うのが主流ですが、 アデランス社やアートネイチャー社のような大手では、熱すると柔らかく、 さめると固まる樹脂状のシートを使って、頭の形を写し取るシステムを使っています。 これは便利ですね。

しかし、できたテンプレートは硬いので、作業中に割れたり欠けたりして けっこう、かつら屋泣かせなのです。 おそらく、アデランスやアートネイチャーの工場では、こうした硬いテンプレートで 作業を標準化しているのでよいのですが、 ラップが標準の工場では、硬いテンプレートに慣れていないので、勝手が分からずに 割ってしまうことがあるようです。

2007/04/16
通販 VS 対面販売
かつらの通信販売を知った時は、驚いた方も多いかと思います。

かつらは、対面販売、つまり店員がお客さまと顔を合わせ、対話をしながら 仕様を決め、売るのが一般的です。
お客さまと顔を合わせる対面販売は、よい点もあれば、悪い点もあります。
今日はそのお話しです。

対面販売のよいところは、なんと言ってもお客さまが何でも聞けるし、 人が直接相手をする安心感でしょう。 コンピュータの向こうにあるかつらショップより、 自分の目の前にあるかつらショップの方が安心感があるというのは理解できます。

一方で悪い点もいくつかあります。

多くのショップでは、店員には事実上のノルマが課せられています。 成績データベースが構築されており、どの店員には新規顧客を何人接客し、 そのうち何人がかつらの契約に至ったか、といった数値もしっかり記録されています。 この契約率が悪いと、店長から別室に呼ばれてこんこんと指導を受けたり、 朝礼の場で店長に名指しされたりと、とても辛いことになります。 でも、店長だって好きで店員を苦しめているわけではありません。 お店の売り上げが悪いと、店長自身が支部や本社で集中砲火を浴びることに なるので、店員の尻をたたく必要があるのです。

そんな状況ですから、必然的に、売ることを目的とした接客となります。 都合の悪いことは伏せて、よいことばかりを並べる傾向があります。 営利企業だから当たり前といえば当たり前なんですが。 非中立の店員から、かつらの客観的な知識を聞かせてもらおう、と思っても それは無理というものです。

更には、営業が行き過ぎて不快な思いをする場合もあります。 断っても断っても電話が7回かかってきたとか、突然家を訪ねてきたという話をお客さまから聞いています。 「禿」というコンプレックスを付く商法の犠牲にならないよう、個人情報を渡すときには十分注意しましょう。
特に、無料サービスを受ける際には、要注意です。 かつら無料体験、毛髪や頭皮の無料診断、髪に関する無料カウンセリング、 こうしたサービスは営業を受けることが前提になっています。

対面のお店を訪問する際は、いやならいやとはっきり伝える意志が大切です。

部分かつら用オーダーシート
全頭かつら用オーダーシート
既製品かつら用オーダーシート
消耗品オーダーシート
かつら複製用オーダーシート

2007/06/26
ヘアスタイル
今日、受けたご質問は「電子メールに添付した写真と同じヘアスタイルのかつらができますか」というものでした。
写真の部分かつらを拝見すると、A社の商品だとわかりました。 実はこのご質問はよく受けます。他のショップのホームページに掲載されているモデルとか芸能人の写真だったり、 ヘアカタログ雑誌の切り抜きやタレントの写真がついていることが多いです。

回答としましては、残念ながら、かつら単体でお望みのヘアスタイルを実現することはできません。
ヘアスタイルづくりは、理容師、美容師のお仕事になります。 かつらにできるのは、そのヘアスタイルを作る上で障害にならないように、適切な髪量と 髪長さを用意することです。植え方ではヘアスタイルを作ることはできません。

おそらく、女性用のファッションウィッグを見て、そのような疑問が起きるのかと思います。

ファッションウィッグとは、ヘアスタイルを一時的に変えることを目的に装着する 全頭かつらです。あらかじめ髪はセットされています。 よくデパートやショッピングモールで、壁一面にかつらをかぶった顔だけのマネキンが 並んでいるお店がありますが、あれがそうです。 かつら1つ1万円からせいぜい数万円と、安価です。 これは髪素材として人工毛髪(化学繊維)を使用し、機械で髪を植えるため、製造原価が とても安いからです。 人工毛髪を使っているため、ヘアスタイルを固定することができ、簡単には崩れません。 また、全頭かつらなので、単体でヘアスタイルが完結します。 この場合は自毛との調和を意識することなく、ヘアスタイルがセットできます。

薄毛対策用の部分かつらではそのようにはいかないのです。ごめんなさい。

2007/09/27
SEO
リードヘアーはかつらの広告を出していません。
広告を出すくらいなら、その分、かつら本体を安くする、というのが方針です。
とは言え、広告なしでお客さまにリードヘアーの存在を知って頂くのは至難のワザです。 何しろ、かつらには口コミがありませんから。

唯一、リードヘアーが行っている販売活動がSEOです。 Search Engine Optimize、検索エンジンで上位に表示してもらう施策です。
現在、リードヘアーをご訪問頂く方の多くがYahoo!かgoogle経由です。
「かつら」というキーワードで検索すると、リードヘアーはどちらも1,2ページ目に表示されます。

リードヘアーでは、SEOを100%自力でやっています。

大手企業ではSEOを専門で行う人もいるし、SEO業者に依頼することもできます。 でも、そんな中で、リードヘアーは自前の片手間SEOです。 自力のSEOでなんとかなるのは、ひとえに、かつら業界がまだまだ甘いからです。 他の業界では、素人SEOでは太刀打ちできないほど高度化が進んでいます。 本屋でアフィリエイトの本を買ってきて、私も、と思ってホームページを作っても、 検索エンジンの表示は100位以下、というのは珍しい話ではありません。 上位には、SEO専門業者に依頼した会社が並んでいるんですね。

「かつら」というのはビッグキーワード(その分野でよく検索される、1つの単語からなるキーワード)です。この規模の市場のビッグキーワードに簡単に手が届くというのは かつら業界がネットからいかに遠い位置にあるかを物語っています。

ところで、SEOのフルコースを業者に依頼すると、月々の支払いは数十万円することもあります。 やっぱりとても手が出ないですよね!?

2007/11/25
かつらの毛髪
かつらの毛髪は、中国の若い女性から提供されたものです。 毛髪買い取り業者が、貧しい農村を回って髪を買い入れていきます。 相場は1kgで1万円くらい。高い? 安い?  それでも農村の女性にとっては貴重な現金収入です。

かつらに植える髪は、2つに折って、折ったところをベースに結びつけます。 ということは12.5cmの髪長さのかつら(男性用かつらの標準の長さです)を作ろうと思うと、 25cmの髪素材が必要です。 髪が伸びる速度は、1ヶ月で1cmくらいですから、これだけ伸びるのに2年かかるわけです。 今あなたが使っている、かつらは、2年間育てた末に誕生しているかと思うと、ありがたみがでてきませんか!?

さて、髪素材、最近は相場が上がっています。
中国では一人っ子政策の影響から若い人が減りつつあります。 また、1度でも髪を染めたりパーマを当てたことがあると、髪素材としては使い物になりません。 最近は、髪を売るのをあきらめてファッションを楽しもうという人が増えています。 こうしてどんどん供給力は減っているのです。

当店では、髪素材として人工毛髪は使っていません。(ご希望があれば使用できます) なんといっても自然さでは天然毛髪がベストだからです。

先日、こんなことがありました。
ナゴヤドームでイベントがあり、それに参加した時のことです。 ふと前に座っている人の頭を見ると、髪の色がはっきり2色に分かれています。 頭頂部と、後頭部で髪の色が違うのです。人工毛のかつらです。 こんなことが起こる原因は、野球場のカクテル光線にあります。 野球場で使われている照明には、放電現象によって光らせる特殊な電球を使っています。 白熱球や蛍光灯に比べて効率がよく、電気代や設備代が安くすむからです。 ところが、こうした照明は、太陽の光とは似ても似つかぬ成分の光です。 太陽の光をプリズムに当てると、虹が七色に並んで見えるのはよく知られています。 一方、カクテル光線をプリズムに当てても七色にならず、とびとびに3色の色だけが現れます。 この光の成分(スペクトルといいます)の違いのため、 人工毛と自毛では色合いが違って見えてしまったのです。
人工毛のかつらの方、野球場では気をつけてくださいね。 特にドーム球場では、昼でもカクテル照明ですよ。

ちなみに、トンネルでも同じ原理の照明が使われていますが、 少々色が違って見えても、トンネル内の照明は暗いので周りの人はまず気づきません。 野球場はなまじ明るいだけに、違いがよく見えて始末が悪いのです。

ところで、先日、リードヘアーに自分の髪を売りたい、という申し入れがありました。 申し訳ありません。かつらの髪素材には様々な制約があり、日本では買い受けておりません。 中国に送っても、送料だけで赤字になります。そんな額です。 (でも、検索してみたら、かつらショップのうち1件だけ髪の買い取りを受け付けているところがありました)


2007/11/25
値上げ...
現在の、通販スタイルを採用して3年余り。
この間、部分かつら25000円という価格をずっと維持してきました。
しかし、この3年、生産工場のある中国では状況が大きく変わりました。

まず、人件費の高騰です。
中国の人件費はもはや周辺の途上国、インドネシアやフィリピンなどと比較すると高すぎるレベルになっています。 既に中国の一部の工場はこうした途上国へ移転しつつあるほどです。
かつらは労働集約型産業。人件費は厳しく効いてきます。
続いて、かつら材料の価格が上昇しています。 人毛は、中国の都市化による供給不足、そして世界的な需要増のため、値段が上がる一方です。
それにレースは石油化学製品であり、原油高を受けて緩やかではありますが値段が上がっています。

そして、最後に効いてくるのが元の切り上げです。

この、人件費高、材料高、通貨高というスリーコンボのため、工場との契約更新のたびに、 かつら仕入れ価格が上がってるのです。
少しでも長く今の価格、25000円を維持したいのですが、 このような事情がありますことをご理解頂けますと幸いです。

ちなみに、このように苦境に立っているのは、販売高に対する仕入れ高の比率が高い 通販系の業者です。つまり、仕入れに対する経費上乗せ額が少ないので、仕入れの 値段が上がると、苦しくなります。

一方、店舗を構えている業者では、仕入れ高の割合が低い、つまり多額の経費を 上乗せしているので、少々仕入れが上がっても経費で吸収できます。


2007/11/25
厳しい営業
今日はお客さまから聞かせて頂いた、サロンの営業の話です。

以前にもちょっと書いたことがありますが、かつらサロンの利益の源泉は、かつらの販売です。 修理とか、シャンプーなんかの備品販売、普段の散髪などでは、高額な宣伝費を回収できるほどの利益にはならないのです。 サロンの技術兼営業マンは、かつらをいくつ売ったかで評価が決まります。
かつらを売らずに一生懸命散髪だけしていても、給料は上がらない、ということです。

このため、普段、サロンに散髪とか着脱をしに行っただけでも、新しく1個買え、という営業トークを延々と受けるケースが見られます。 これが嫌で、大手サロンから他へ移ったお客さまの声をいくつも聞いています。

これはかつらが高価格、つまり極端に利益率が高いという歪んだスタイルが生んだ悲劇です。
本部は、店長に、かつらをたくさん売るように厳命しています。 店長は、それを受けて配下の営業にその指導し、また、昇進や昇給は売ったかつらの数で決めます。 このような状況下では、営業トークから解放されるのは難しいでしょう。


2007/11/25
テンプレートは何年持つか
テンプレート、つまり、かつらの型のお話です。
テンプレートは、使用に伴い傷んできます。通常は、10回くらいで破損し、新たにお作り頂くことになります。 補強不足の(テープを四重にしていない)テンプレートでは、それより前に破れることもあります。
さて、テンプレートは、使用頻度が少ない場合は何年持つのでしょうか。
テンプレート自体は経年劣化する部分はほとんどなのですが、問題は、人間側です。
何年も立つと、脱毛症が進行し、かつらのサイズを大きくする必要が生じる場合があります。 男性型脱毛症は、一定の割合で進行するわけではありません。 進行と停滞を繰り返したり、ある部位まで急速に進んで進行がそこで止まったりと、人によってまちまちです。

そこで、せめて年に1度は、今のかつらで大きさがあっているか、確認しましょう。
特に後ろは、慣れてくるとあまり見ない場所ですので注意が必要です。
合わせ鏡をして、状態を確認することをお勧めします。

幸い、後頭部は髪で隠れていますので、大きさが小さすぎたとしても少々の差なら見えずにすんでしまいます。 しかし、風や、車のヘッドレストに当たって髪が分かれたときに地肌がクッキリ見えるのはまずいです。 どうかご注意くださいませ。


2007/12/15
仕様のお問い合わせ
我々通信販売専業のかつらショップにとって、答えるのが難しい質問に「○○という状況なのだが、どんな仕様で頼めばよい?」というものがあります。
質問する側からすると、かつら現物を見れるわけではないのだから仕様を決めてもらわないと困る、という思いがあるのかと思います。 しかし、回答する側からすると、これはとても難しい質問なのです。
かつらの難しいのは、同じ状況(例えば、年齢、髪の失われた広さや位置、十円ハゲの場合はその形状、M字禿の場合は元のフロントラインをどうするか、など)でも、それに対応する仕様はまったく異なるのです。 装着する人の感じ方や、どれくらい回復させるのをお望みか、という主観によって左右されます。
例えば、30代の方でも、60%という薄い毛量から、130%という超フサフサまで、さまざまなお客さまがいらっしゃいます。 これは、実際に装着して数日過ごしてみないと、お望みの仕様を見つけることは難しく、 いつも答えに窮します。
当店では、作り直し保証の制度があるため、1つ目のかつらは、ある程度お試し用と割り切ってご注文頂き、 ある程度装着して迷いを消してから、お望みのイメージに合う かつらを求めるのが一番の近道であるかと思います。


2007/12/18
装着方法
セルフメンテナンスのかつらという商品の性格上、かつらの装着方法についての問い合わせをしばしば頂きます。
確かに、ご指摘のとおり、セルフメンテナンスのかつらというのは敷居が高いのは事実です。 お店にすべてお任せの、従来のカツラ大手の方法と異なり、ご自分ですべて行うというスタイルは敷居が高い傾向があります。
今後、かつら装着の動画など、コンテンツを充実させていきますので、ご利用くださいますと幸いです。