お問い合わせ

暗号化メールとは

インターネットで何か情報を送るとき、情報は、長い経路を行き来しています。
ところが、この経路上では、流れている情報をのぞき見ることが、技術的に可能なのです。 (もちろん、技術的に可能というだけで、実際にそんなことをされる事は滅多にありません)
そこで、第三者が不正に情報をのぞき見るのを防ぐために、SSL(Secure Socket Layer)という暗号化技術が開発されました。

SSLでは、お客さまのパソコンと、ホームページが収納されているコンピューターが連携して、 情報を暗号化してやりとりする仕組みになっています。 この方法を使えば、途中の経路で誰かが情報をのぞき見たとしても、何が書いてあるのかわかりません。

SSLの説明

SSLは、ネットバンクやネットショップの個人情報・クレジットカード情報入力画面などで広く使われている標準技術です。
SSLを利用するのに、特別な操作は必要ありません。 画面右上に青い目玉のようなマーク---サイト認証機関が表示しておりサイトシールと呼ばれます---があるページでは、自動的にSSLによって送信します。

ただし、古いパソコンや携帯電話、一部の会社内や学内ネットワークではSSLが利用できないことがあります。 SSLが使えない方のために、通常のメールページも用意されています。