かつら用のインジェクションレース

インジェクションレース(人工皮膚)

人工皮膚に相当する素材で、つむじなどに使います。

従来型のかつらでは、樹脂でできた厚い人工皮膚をつむじや分け目に使っていました。
貼るタイプのかつらでもこうした厚い人工皮膚を使うことは可能ですが、肌に密着するメリットを活かすため、 人工皮膚に代わって「インジェクションレース」がよく使われます。

インジェクションレースは、レースが2枚重ねになっています。 表側のレースは目が細かく肌そっくりにできており、髪はこのレースを貫通して裏側のレースに結んであります。 こうすると表からは髪の結び目が見えず、肌から生えている状態がそっくりに再現できます。

インジェクションレースは通気性がありませんので、つむじや分け目など部分的に使います。

納期が2.5週余分にかかります。

+1万円(税込み) 【かつら注文時のオプション】
インジェクションレース
クリックで拡大
ご注文は、部分かつらの注文画面もしくは全頭かつらの注文画面の一番下の特記事項欄にチェックボックスがありますのでチェックを入れて下さい。 さらに、テンプレートにインジェクションレースの境界線を記入するか、インジェクションレースの形状を絵に描いてメールで送ってください。

    かつらのご注文はこちらから


登録はありません