激安カツラ情報館  (専門用語解説)


前縁の毛


全周囲縁ありのカツラではフロント部分にもがあるため、生え際は見せないことが前提となる。

それでも見えてしまった場合に目立たなくするため、カツラ前縁部に沿ってベース下側に毛を植えることができる。
この毛があると、カツラ前縁部を毛で隠すことができるのだ。

一方で、毛がテープ接着剤につきやすくなるという欠点もあり、指定するかどうかは好みが分かれる。 初心者のうちは、指定しない方がお勧めである。
この、ベースの下にも毛を植えるという方法は、従来型カツラではごく普通に行われていた。 もともとベースを見せることができないため、いろいろな手を使ってベースを隠していたのだ。 一方、貼るタイプのカツラでは、「縁」の端だけ見せることができないため、全周囲縁ありに限って使われる手法である。