激安カツラ情報館  (専門用語解説)


横と後ろに縁ありのカツラ


貼るカツラでは、多くの場合、補強のための「」を、横と後ろにつける。
こうすることで、フロントはレースで自然に、横と後ろは縁があるので強度が保てる上にテープで接着できて取り回しが楽になる。
つまり、自然さと扱いやすさのバランスが取れたカツラとなり、常用にぴったりの仕様となる。

当店の扱うカツラの7〜8割がこのタイプのカツラである。
最初のご注文では、まずはこのタイプからスタートすることがお勧めである。

縁の幅は任意に指定できる。特に指定がない場合は、2.5cm幅となるが、カツラの大きさによって多少加減される。