激安カツラ情報館  (専門用語解説)



カツラは薄いレースで出来ている。

そのままでも使えるが、強度がなく、またテープが付きにくいため、カツラベースにポリウレタンのシートを裏打ちする。 これが「縁」と呼ばれるパーツだ。

縁は、多くの場合、カツラの横と後ろの端に幅2.5cmでU字形に取り付ける。 カツラのフロントには縁は付けないケースが多いが、生え際を見せず、耐久性や使い勝手を優先するときはフロントにも付ける。 これは「全周囲縁あり」と呼ばれるカツラである。

小さいカツラ(フロント用やつむじ用)の場合は、部分的に縁をつけることができない。 このため、全面縁、つまりすべての領域に補強材を裏打ちするか、縁なしにする。

縁があるとないとでは、カツラの使い勝手や寿命にかなり差がある。 つまり、レースがほつれる心配がない上、縁は少々引っ張っても平気な強度があるため、カツラの変形を未然に防いでくれるのだ。
また、テープの付き具合も、レースに比べて格段に上である。
これらのメリットは大きい。当店ではできるだけ縁あり(横と後ろに縁あり)のカツラをお勧めしている。

縁の色は、薄いベージュ色である。色は選択できないこともないのだが、かえって不自然になるため、当店ではこの色で固定している。
また材質も複数選ぶことができる。 当店では標準的な厚さを使用しているが、もっと厚くも、薄くもできる。
ただし、薄くすれば強度を失い「へなへな」になるし、厚くすれば自然さが失われる。
標準以外の厚さは避ける方がよいだろう。