激安カツラ情報館  (専門用語解説)


分け目


カツラの髪は、植える方向を自由に決めることができる。
これを利用して、カツラの任意の場所に、つまり1:9分けから5:5分けまで自由に分け目をつけることもできる。 この場合、テンプレートに分け目位置を指定しておく必要がある。

貼るタイプのカツラでは、どこからでも分けることができるため、通常は分け目を付ける指定は不要である。
従来のカツラでは分け目に人工皮膚を使用するケースが多いが、貼るカツラではほとんど使用されない。

分け目を付けると、その部分は上流から流れてくる髪がない分、カツラの髪量が少なく見える点、注意が必要だ。 分け目なしから分け目ありのカツラに移行する場合、分け目なしの時より髪量を多くする方が無難である。 特に「全周囲縁あり」の場合、分け目の部分の縁が見える恐れがあるので、かなり多めにしておく必要がある。

分け目の「右」「左」は、カツラを装着した状態で、分け目が右か左かで判別する。
相手から見て右左ではなく、自分から見て右左なので注意が必要だ。