激安カツラ情報館  (専門用語解説)


縁なしのカツラ


貼るカツラでは、多くの場合、補強のための「」を、横と後ろにつける。
しかし、フロント用の場合、縁が見えることを避けるため、縁をつけない場合も多い。

縁なしのカツラは、縁がなくレースだけで構成されるため最も自然であるが、耐久性に劣る。
また、レースにはテープが効きにくく、接着剤で貼るのが一般的であるが、接着剤は取り回しが面倒になる。

ある大手のカツラメーカーでは、このタイプを標準としている。
確かに、メンテナンスの手間を惜しまず、また耐久性を考えないのであれば、縁なしタイプが最も自然に見える。
特に、極端に少ない毛量のカツラでは縁が見えることがあるため、縁なしが推奨される。

しかし、一般的な毛量であれば、メンテナンスの手間および耐久性と、自然さとのバランスを考えて、 横と後ろは縁ありという選択が一般的である。 これは何を重視するかという装着者の価値観の問題になる。

なお、あらかじめ大きなサイズのカツラを作っておき、そこから望みの大きさに切り出す、「既製品」という タイプがある。この場合は、任意の大きさにカットできるように縁をつけておらず、縁なしカツラとなる。