激安カツラ情報館  (専門用語解説)


カツラ用移動ピン


カツラを自毛に固定する際、小さな金具で自毛を挟んで留める方法が広く用いられる。この金具をピンと呼ぶ。

このうち、縁を挟み込むように、カツラに装着するタイプの金具を「移動ピン」と呼ぶ。
移動ピンは、通常のピン(固定ピン)に、2本の脚がついた形状となっており、その脚でカツラの縁の部分を挟み込む。
縁がある部分ならどこでも装着できるため、頭皮の状態やカツラの形状に合わせ、場所を変えたり個数を増減することができる。
1つ700円。カツラに比べて寿命が長いため、1回購入すれば、複数のカツラで使い回すことができる。 万が一脚を曲げてしまっても、ペンチなどで修正すれば数回の曲げには耐える。

固定ピンの場合、いつも同じ位置の髪を挟むため、長年使用しているうちに、その部分の自毛に負担がかかりひどいときには抜けてしまうという問題があった。
移動ピンは、一定期間で位置を少しずつ変えれば、この問題をクリアできる。
これが移動ピンの最大のメリットである。

一方で、カツラを挟んでいるだけなので、あまりに強い力が加わると外れてしまうというデメリットがある。
通常の使用では問題ないが、ヘルメットや帽子の着脱、特に風の強い日には不向きである。 こうした用途では、固定ピンであっても不安があるので、接着剤やテープによる装着が望ましい。