激安カツラ情報館  (専門用語解説)


レースのほつれ


カツラレースがない部分は、使用に伴って繊維がほどけ、いわゆる「ほつれ」が生じる。 これは程度の差はあれ、どのレースでも発生するが、自然さを優先した薄いレースほど起きやすい傾向がある。

ほつれができた部分はハサミなどでカットしていけば、かなり長期にわたってかつらを使用することができる。

全周囲縁ありとすれば、レースのほつれは発生しないため、耐久性優先の時はお勧めである。 なお、ほつれが問題になるのは、主にフロント部分である。 横と後ろに縁を付けない場合、そちらにもほつれが発生するが、上流からの髪に隠されて見えることはないので、ほつれはほとんど問題にならない。