激安カツラ情報館  (専門用語解説)


毛絡み


天然毛髪(人毛)またはレミーヘアのカツラでは、使用に伴い毛の表面が劣化してくると、毛と毛が絡み合うことがある。
特にシャンプーの後に発生し、ひどいときには団子状に固く締まって、ほどくのに苦労することがある。
ほどく際は、面倒でもカツラを外したほうがよい。カツラを装着したままでほぐそうとすると、髪に無理な力をかけ、脱毛に繋がることがある。

毛の先からほぐすようにしないと、返って締まってしまう。絶対に毛の根本にクシをいれ力任せに引っ張ってはいけない。

コンディショナーで髪の表面を修復することで多少回復するが、すぐまた絡まるようであれば、カツラの寿命である。
人工毛髪ではこの問題は起こらない。