激安カツラ情報館  (専門用語解説)


フロント用カツラ


男性用脱毛症の髪が失われる領域は、さまざまなパターンがある。 生え際の後退とつむじ付近の髪の喪失が同時に起こるケースが多いが、 中にはつむじ周りは元気なまま生え際だけ髪が失われる場合もある。

こうしたケースでは、フロントだけのカツラを利用する。
小さいカツラの場合、を付けると見えてしまうため、縁を付けないカツラがよく使われる。また、レースの見えにくさが優先されるため、他のカツラよりスイスレースが指定されることが多くなる。スイスレースは、もっとも薄く、見えにくいレース素材である。反面、耐久性は劣る。
特に小さいカツラの場合、「2個取り」と言ってベースに2個分の髪を植えてから切り出すことで、同一料金で2個を製作することもできる。これはサイズの制約がある。

フロント用カツラの場合、多くの場合は「つむじなし」を選んだ上で、テンプレート上に髪を流す方向を記入する。ただし、自毛が十分にないときには、「つむじあり」を選んで後ろ向きの髪を作り、カツラ後端をカツラの髪で隠すことも可能である。