激安カツラ情報館  (専門用語解説)


ドライヤー


カツラを装着したままシャンプーした時は、自然乾燥させずにドライヤーで早く乾かす必要がある。 自然乾燥だと乾くまで時間がかかり、接着剤が拡散する原因となるからである。

ドライヤーで温風を使用する場合、腕をいっぱいに延ばして遠方から風を当てるようにする。
こうすると、過度の高温で髪が傷んだり、人工毛髪(白髪)部分がチリチリになることを防ぐことができる。
それでも、大出力の熱風を同じ場所に当て続けると、特に人工毛髪は傷みやすいので、温度調整をするなど気を遣う必要はある。

マイナスイオンドライヤーは、絡みを防ぐ働きがあり、カツラに適する。 当店ではパナソニック製のマイナスイオンドライヤーをお勧めしている。
最新モデルでは1万円以上する高価なものだが、旧モデルならしばしば安売りしているので、ねらい目である。