激安カツラ情報館  (専門用語解説)


つむじ


つむじをカバーするカツラの場合、必ずカツラにもつむじを作る必要がある。

つむじとは、髪の流れが変わる点のことで、これがないと髪を四方八方に流せなくなる。
原則として、つむじの位置は製作時に決まり、いったん出来上がればドライヤーなどを使ってもつむじ位置を変えることはできない。 分け目位置は自由に変えることができるのに対して、つむじ位置は固定となるので注意が必要だ。

つむじをなしで作ることもできるが、その場合は、髪を一方向に流すことになる。
フロント用のカツラでは、つむじを付けず、すべて前に流すタイプも多く使われる。
また、特殊なものとしては傷跡を隠すためのカツラとしても、つむじなしが使われる。

いずれにしても、『自分のつむじをカバーする場合は、カツラにもつむじあり』、『自分のつむじをカバーしないなら、カツラもつむじなし』、と考えれば間違いない。
もし、つむじをカバーするカツラなのにつむじなしで製作してしまうと、カツラの髪はすべて一方向へ向いているわけだから、自毛との境界に困る。つまり、カツラの髪の上流側の端部では、カツラの髪もないし、自毛もない、という状態になってしまうわけだ。
なお、つむじには人工皮膚を入れるわけではないため、レースが見えることになる。 レースは薄いため、一般に、レースが肌に密着していれば見えにくいが、それでもつむじ部分でレースが見えるのを気にする方もいる。 こうした場合、つむじだけ髪量を多くするよう指定した方がよいだろう。