激安カツラ情報館  (専門用語解説)


コンディショナー


カツラを洗浄した後は、必ずリンスかコンディショナーで仕上げる必要がある。
コンディショナーには洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあるが、カツラを装着したまま洗う際は前者をお薦めする。 カツラを外して洗う場合は、どちらでもよいが、洗い流さない方が一般によく効くようである。

ダメージヘア用のものが髪表面の傷(からみの原因)を修復し、効果的である。
かつら専用品も発売されているが、一般用でも問題ない。

カツラの髪が傷んできたときにはヘアパックを使うとよい。 コンディショナーに比べてより保修効果が高い。 ただし、毛絡みが発生してからではあまり効果がなく、その前に予防的に使うのがお勧めである。