激安カツラ情報館  (専門用語解説)


カツラの髪根本の脱色


カツラの髪は、ベースに結びつけてあるが、このためにベース上には必ず結び目ができる。
この結び目が、黒い点としてボツボツと見える。

近くで見なければわからないとはいえ、やはり気になるということで、少しでも結び目が目立たないよう、結び目を脱色する加工を施す。
つまり、結び目があっても、色が黒より薄ければ見えにくい、という理屈である。

当店では、カツラ全域にわたって結び目の脱色を行っている。

脱色は、髪を植え終わったカツラに対し、結び目を薬品に浸す。そうして髪の色素を化学的に破壊することで脱色を行っている。
ところが、この脱色過程では、色素だけでなく、髪そのものにもダメージが及ぶ。
脱色を強くすると、髪の結び目が切れやすくなり、カツラの寿命が短くなるという問題があるのだ。

このため、脱色は適度な強さにとどめており、強い脱色は実施していない。

さて、カツラ製造工場によって脱色の強さに差がある。
しかし、脱色がよいほど、よいカツラか、というと必ずしもそうではない。 実は、髪を染める色素にはいろいろなタイプがある。耐久性を重視したものと、そうでないものがあるのだ。 耐久性に優れる染色剤は、脱色も効きにくい。
優れた脱色を行う工場は、もともと耐久性の低い染色剤を使っている可能性が高いのだ。
この場合、使用に従って髪の色が早く落ち、染め直しが必要になる。染め直しを行うと、根本の結び目まで染まってしまうので(結び目だけ髪染め剤をつけないのはとても難しい)、結局ぼつぼつが目立つ。

当店では、中程度の耐久性の染色剤を用い、脱色とのバランスをとっている。