激安カツラ情報館  (専門用語解説)


人工毛髪


カツラの髪としては、大きくわけて、人の髪を使う「人毛」「天然毛髪」と、化学的に合成した髪である「人工毛髪」がある。
人工毛髪とは、ヒトの毛髪に似せて作られた化学繊維でできた髪。

天然毛髪より耐久性に優れるが、自然さは劣る。 特に、直射日光があたる屋外や、強いスポット照明のある場所では違いがわかりやすい。 また、人工毛髪は熱や摩擦に弱いため取り扱いには注意が必要だ。 例えば、カツラを装着して寝る際に、激しく頭を枕にこするクセがあると髪が劣化することがある。
また、カツラに結んだ時、根本部分の脱色は行うことができない。

当店では、特記事項欄で指定がない場合、天然毛髪を使用する。

もともと、日本の大手のカツラメーカーでは、安定して大量の髪を手に入れる必要があったため、 同一品質のものが簡単に製造できる人工毛髪を精力的に開発したという経緯がある。
その甲斐あって、大手の作る人工毛髪はとても精巧にできている。
一方で、こうした高級人工毛髪はオプション扱いになっていることもあり、客単価を引き上げる道具として使われていることも否定できない。
カツラサロンでカツラを購入する際は、自然な人工毛髪は標準価格に含まれているのか、それともオプションで別料金なのか最初に確認するべきである。