激安カツラ情報館  (専門用語解説)


全周囲縁ありのカツラ


貼るカツラでは、多くの場合、補強のための「」を、横と後ろにつける。
しかし、横と後ろだけでなく、前も含めた全周囲に縁を付けることも可能である。
これは「全周囲縁あり」と呼ばれるカツラである。

全周囲縁ありにすると、レース部を接着する必要がないため、カツラ着脱が楽になるという特長がある。 また、フロントレースという弱点がないため、カツラの寿命が長くなる。
一方で、フロント生え際を見せることができないため、分け目をはっきりつけることができないという欠点はある。
どうしても分け目を付けたいという場合は、カツラの髪量を相当多くする必要がある。 また、分け目がない場合でも、髪量の少ないカツラにすると縁が見えるため、ある程度の髪量は必要である。

1つ目カツラは、無難なところから始めるためにもフロントには縁を付けないほうがよいだろう。
ある程度貼るカツラに慣れてきてから、このタイプにチャレンジしたほうがよい。

また、仕事や学校がある時には自然さを優先した「横と後ろに縁あり」のカツラを装着し、 オフタイムには扱いが楽な「全周囲縁あり」のカツラを使用するのもよい方法である。
全周囲縁ありのカツラは、移動ピンを使うことによりピン留めのカツラとしても使用できる。
(ただし、髪を剃る範囲が違うため、ピンをつけたり外したりして使うことはできない。 いったんピン留めカツラとしたら、その後もピン留めとして使う必要がある)