激安カツラ情報館  (専門用語解説)


男性型脱毛症


男性特有の脱毛症(ハゲ)。主に30歳以降の男性に多くみられるが、20代でも発生し、若年性脱毛症と呼ばれる。
男性5-6人に1人は男性型脱毛症と言われており、日本では1200万人前後と推定される。
ヘアサイクル(周毛期)の成長期が短くなる影響で前頭部と頭頂部の髪が薄くなるという特徴がある。
男性ホルモンとその受容体が大きく関わっていると考えられているが、正確なところはまだ解明されていない。
昔から「ハゲか風邪が治せたらノーベル賞」と言われるゆえんだ。

残念なことに、男性型脱毛症は、いったん発症すると一定の範囲までどんどん拡大していく。 一定の範囲とは、前頭部および頭頂部に限られ、横は後ろは元気なことが多い。 前頭部あるいは頭頂部のどちらか一方だけ進行する場合と、同時に進む場合がある。

部分カツラの利用の多くは男性型脱毛症である。 幸いにも(?)横と後ろは髪が残るため、自毛にピン(金具)で留めるカツラも利用できる。

狭い範囲に留まることが多く(ただしまれに全身に至る)、また発生部位もまちまちな円形脱毛症と対照的である。

近年では、カツラ以外の対処法として、治療薬も発売されている。
ただし、男性型脱毛症は病気ではないため、薬は根本的な治療ではない。 飲んでいる間、脱毛を進行させる体内システムの働きを阻害するだけである。従って、飲むのをやめれば、再び進行する。

男性型脱毛症の治療を行うときは、発毛を謳ったいわゆる発毛サロンや、カツラサロンではなく、病院に行くことをお勧めする。 また、いつまで続けるのか。例えば結婚までとか、35歳まで、とか、ある程度目安を付けておく方がよい。 そうしないと撤退の時期を誤り、支払いが雪だるま式にふくらんでいく。