激安かつら情報館@かつらについて、よくある質問と回答


かつら装着後・メンテナンスについて


Q6-6 かつらの髪を染めて色を変えることはできますか?

A6-6 かつらの髪染めは、以下の情報を参考に自己責任にて実施ください。

【髪色を暗くする方法】
「黒髪戻し」などの名称で売られている市販の毛染め剤をご利用ください。これは2液を混合して使うタイプで、茶髪を黒くするための毛染め剤です。 薬局、スーパー、ホームセンター、コンビニエンスストアなどで広く売られており容易に手に入ります。 1箱(1回分)600円〜1000円くらいです。
写真をクリックすると販売店にジャンプします

2液混合ではない「1日タイプ」と書いてあるものは、一時的に色を変えるためのものですので不適です。また、白髪染めとは違いますので、どうかお間違えにならないようにしてください。

毛染め剤の説明書に従って染めていきますが、かつらを薬液に浸す時間は試行錯誤が必要です。 説明書で指定されている時間より短い時間で一度薬液を洗い落とし、染まり具合を確認ください。 部分かつらなら1箱の半分量の薬剤ですみますから、染まり具合が足らなければ残りの半分を使用してさらに染めます。
照明の下では色が異なって見えることがあるので、乾燥後、日中に自然光を利用して色を見たほうがよいです。


【髪色を明るくする方法】
染めていない髪を脱色するタイプの脱色剤は、かつらには効果がありません。
染めた髪を脱色するタイプの脱色剤は有効ですが、ムラになったり、髪の強度を落とす心配があるため、 基本的には明るくする方向へ染めることはできないとご理解ください。
結び目の脱色も行わないでください。髪の強度を落とします。


【髪染め剤の知識】
毛染め剤は、黒い染料でできているのではなく、髪の成分と反応して色が黒く変わる仕組みになっています。 したがって、毛染め剤を使用しても天然毛髪以外の部分、例えばかつらのレースや白髪(人工毛髪でできています)は染まることはありません。どうかご安心ください。
発色後の毛染め剤が何かに付着すると、色を落とすのが大変なのでご注意ください。 洗面台などに色が付いた場合、塩素系の洗剤(カビ取り剤など)が有効です。

ツメは髪と同じ成分でできているので、黒く染まることがあります。ビニール手袋のご使用をお勧めします。


旧バージョンのQA